代表的な浅草のイベントとは

下町の観光地・浅草は、イベントが行われている時にはさらに多くの人でにぎわうのが特徴です。

そのような時期に訪れてると、普段とは違った魅力に満ち溢れます。もちろん平日であっても土曜日・日曜日であっても、普段から多くの人が訪れてお祭りのような雰囲気がある人気の観光地であり、国内からも海外からも毎日のようにたくさんの人が訪れています。しかし浅草はイベントがあると、また普段と違った活気が感じられ、町全体が特別な雰囲気になるのが特徴です。何度も訪れたことがある人も、そのような特別な行事が行われるときに訪れるのもおすすめです。多くの人が集まる浅草のイベントの中でも代表的なものは、1月です。東京都内では最も古くから存在していて、下町エリアにとって観光の中心的な目玉である寺院は、特に年末年始に多くの人が訪れています。

そして2月には、福は内・鬼は外の掛け声で一般的に知られた日本の伝統的な行事である豆まきがおこなわれます。近くを流れる隅田川では、夏には花火大会が開催されることで有名で、この花火大会はテレビでも毎年中継されているので見たことがある人も多いでしょう。東京では多くの人に知られるポピュラーな花火大会です。

近隣からは浴衣を着て出かける人も多くいる浅草のイベントの1つです。さらに11月になると熊手で有名な酉の市があり、12月には羽子板市もあるほか、これ以外にも浅草のイベントには様々なものがあります。何度も観光に来たことがあるという人はこれらの時期に訪れてみるのもおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *