浅草で勇壮な武者姿に出会えるイベント

都内でも屈指の観光スポットである浅草では、年間を通じてさまざまなイベントが開かれています。

古き良き下町の風情を残す街だけあって、そうしたイベントの多くは気軽に参加あるいは鑑賞できる庶民的なものが中心ですが、中には非常に勇壮なものもあります。その代表格と言えるのが、浅草流鏑馬です。浅草流鏑馬は、江戸時代にこの街の中心にある神社の正月行事として行われていたものを、現代に復活させたものです。

始められたのは1983年のことで、以降、毎年恒例のイベントとして定着しています。実施時期は、原則として毎年4月です。当日は街の一角にある公園に特設会場をしつらえ、馬場を整備します。その上で、鎌倉時代の武士の狩装束を身にまとった射手が馬を駆り、馬上から弓矢で的を狙います。猛スピードで疾走する馬に乗ったまま壱の的、弐の的、参の的を次々と弓矢で射抜く姿は凄まじい迫力に満ちています。見事に成功すると、見物の観客からは大きな拍手が寄せられます。毎年約2万人という人出があるこの人気イベントですが、当日は草鹿(くさじし)と呼ばれる行事も同時に行われます。

こちらは草を束ねて鹿の姿に模した的を目がけ、矢を射るというものです。烏帽子(えぼし)に直垂(ひたたれ)という古式ゆかしい装束に身を包んだ射手4名と大将が二手に分かれ、大勢の見物客が見ている前で腕前を競います。的に命中するかどうかだけでなく、その所作も採点の対象になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *