浅草で行われるイベント

浅草は日本の首都東京にある世界でも知られている観光スポットです。

大都会の中にありながら、古きよき日本の姿を今なお残している下町です。大きな赤い提灯で有名な浅草のシンボル的存在の雷門は、歴史のあるお寺の山門です。門をくぐると寺の境内となり、寺院のある所まで長い参道が続いています。

この参道は仲見世通りと呼ばれており、その両側には多くのお店が建ち並び、連日名物やお土産物を求める多くの観光客で賑わいます。ここは国内からだけではなく、海外からの観光客も多く訪れる人気スポットです。ところで、この浅草では5月に大きなイベントが開催されます。このイベントは古くから行われている地元のお祭りです。

とても活気があり、この地を訪れる観光客が一番多くなる時期と言われています。お祭りは3日間行われますが、それまでに町の装いも変わっていくため、徐々にムードが盛り上がっていきます。お祭りでは、地元グループの所有する神輿が町中を練り歩きます。神輿の数は百基程あるとも言われ、町のあちこちで担ぎ手の威勢のいい掛け声や、祭囃子が響き渡ります。古風な神輿の姿もさることながら、担ぎ手は頭に鉢巻、足にはわらじや雪駄、それに法被などを着ているため、懐かしさを感じる光景を見ることができます。浅草では、この5月のお祭り以外にも観光客が多く集まるイベントがあります。それは年末年始や節分の豆まきなどです。初詣では仲見世通りに正月飾りが施され華やかな雰囲気になります。節分には浅草の出身など、ゆかりのある芸能人が豆まきを行います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *